スポンサードリンク
芸能 政治 スポーツ 気象 情報 社会 で 結婚 離婚 事件 事故 台風 地震 など 氾濫している 情報 ニュース を選別することも必要です。

2006年11月25日

スペインの豊かな食文化

バルセロナと聞いて何を想像しますか。

バルセロナオリンピック?

実は今、バルセロナではチョコレートがちょっとしたブームなんだそうです。

市内中心部にあるチョコレート専門店「カカオサンパカ」には、日本人観光客も数多く訪れます。

この店には、チョコレートの原材料であるカカオ畑の様子や収穫作業などのパネルが壁一面に掲げられています。

店内のカフェでは季節ごとにミニ試食会も開かれ、チョコと一緒にリキュール甘口ワインを飲んで、チョコに合う好みの飲み物を探すこともできます。

DVDが付いたチョコレートを売っているお店もあります。

丸い缶にはカカオ豆とカカオの含有量の異なるチョコレート入り。

原材料への関心も高めてもらうために、ふたの裏側についたDVDの中身は、カカオの生産を記録したもの。

東京にも店がある「オリオール・バラゲ」は、不思議なチョコレートケーキを作っています。

8種類の違う味のチョコが一度に楽しめるのです。

工程が複雑で1日に1個しか作れないそうです。

醤油や山葵味のユニークなチョコもあります。

スペインはチョコに限らず、食べる人に驚きや発見をもたらす工夫やアイデアが豊富です。

冷蔵庫をガラス張りにして、中の食材を客に見えるようにしたレストラン。

地下の貯蔵庫の壁に、むき出しの古い地層をわざと見せたワイナリー。

芸術的で個性的な演出は、建築家ガウディや画家のピカソダリなどを生んだ国らしい感性です。

「日本に行ったとき、日本人が夕飯を食べるのが速いので驚いた」とバルセロナに住む介護職のカルメン・ファボアーダさんは話します。

スペインでの食事は、夜遅くまで家族や友人と会話をしながらという楽しみ方が生活の一部になっています。

スペインの食文化は、食材を大切にし、食を介して語らい、楽しみ、幸せを感じる豊かな文化です。



スポンサードリンク
posted by 情報局 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
これからの季節 旅行 紅葉 交通 情報 なども気になりますね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。