スポンサードリンク
芸能 政治 スポーツ 気象 情報 社会 で 結婚 離婚 事件 事故 台風 地震 など 氾濫している 情報 ニュース を選別することも必要です。

2006年11月24日

2020年脳卒中ピーク

 −厚労省研究班がまとめる

脳卒中の患者数と介護が必要になる人の推移

脳卒中の患者は、2020年に現在より15万人増えて288万人に・・。

厚生労働省の研究班が推計をまとめました。
(主任研究者=鈴木一夫・秋田県立脳血管研究センター疫学研究部長)

介護が必要となる人(手足のまひ等)は2025年まで増え続ける見込みです。

自治体などは介護サービスや、高血圧対策の充実などが求められそうです。

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れて出血したりする病気の総称です。

がん、心疾患に次いで多く、日本人の死因の第3位となっています。

手足のまひや言語障害が残り、長期間の介護が必要になることも多いのです。

秋田県では脳卒中患者が多く、'83年から県内の患者の状態を詳しく追跡調査しました。

全国的にも珍しい「脳卒中発症登録」を続けています。

鈴木部長らは、この調査で得た発症率や死亡率をもとに、30年までの人口の推計に当てはめて試算しました。

その結果、日本の人口は'05年から減り始めますが、高齢化にともなって患者は増え続け、'20年に287万7,000人でピークとなります。

再発による悪化などを含めて、介護が必要となる患者は'25年に177万5,000人('05年比17万人増)で最多となるとしています。.



スポンサードリンク
posted by 情報局 at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
これからの季節 旅行 紅葉 交通 情報 なども気になりますね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。