スポンサードリンク
芸能 政治 スポーツ 気象 情報 社会 で 結婚 離婚 事件 事故 台風 地震 など 氾濫している 情報 ニュース を選別することも必要です。

2006年12月06日

ニューヨーク「トランス脂肪酸」禁止へ

ニューヨーク市は5日、全米で初めての措置となる、肥満や心臓病との関連が指摘されている「トランス脂肪酸」を、市内のレストランやファストフード店での使用を原則的に禁止することを決めました。

トランス脂肪酸とは、マーガリンなどを製造する際、老化、酸化しやすく日持ちが悪い液状の不飽和脂肪酸を、日持ちを良く固形化するために水素添加を施すことによって飽和脂肪酸に変化させる過程に発生する物質です。水素添加したものは、トランス型という天然にない構造になり、体内で代謝されにくいのです。

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を増加させ、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させる働きがあると言われています。また大量に摂取することで、動脈硬化などによる心臓疾患のリスクを高めるとされ、米食品医薬品局(FDA)は今年1月から食品中の含有量を表示するよう義務付けました。

トランス脂肪酸を禁止するのは、全米の都市で初めてで、マクドナルドなど大手外食チェーンも対象で、違反業者には罰金が科せられるそうです。米ファストフード大手ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は、来年4月末までに全米で代替油に切り替えることを発表しています。2008年7月までに代替油への切り替えが必要ですが、完全な駆逐は難しいとみられ、混乱も予想されています。




スポンサードリンク
posted by 情報局 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
これからの季節 旅行 紅葉 交通 情報 なども気になりますね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。